木製生六弦楽器。

0
     ども。iTBです。
    今日はアコギについて情報提供してみようかなぁと思います。

    左からエレキ、アコギ。

    正式名称は多分アコースティックギター。
    そもそも「アコースティック」という言葉の意味は(音響的に)生の音という意味。
    つまり、マイクやスピーカー、アンプ等を使わない
    生の音で勝負するギターという事になります。

    で、アコギには鉄製の弦を張るフォークタイプのアコギと、
    ナイロン製のガット弦を張るクラシックタイプのギターがあり、
    ミュージシャンは前者をアコギ、後者をガットと呼んで区別しています。

    ボディー部分は大概は木材で出来ていますが、鉄製ボディーの特殊な(今となっては)ギターもあります。

    よくアンプラグドライブとか、アコースティックライブとか聞きますよね。
    アンプラグド。プラグが無い。「生音でいきます。」っていう意味です。
    アコースティックも前述の通り、「生音でいきます。」っていう意味です。
    つまり、同じ意味ですw

    では、人が一杯いるライブでアコギ一本で勝負する場合どうなるでしょうか?
    単純にボリュームが足りなくなっちゃいます。
    「ギターの前にマイクを立てればいいじゃん。」というのが大半の意見かと思いますが、
    大音量になると「キーーーーーン!!」ってハウリングという現象を起こしてしまいます。

    そこで、通称エレアコの出番です。
    正式名称エレクトリック・アコースティックギター。

    「エレキなのにアコギっていうの!?」なんという矛盾でしょうか。
    それこそ方式に違いはありますが、弦の振動を電気信号に変換して
    スピーカーから流せるようにするギターです。
    これもまた、鉄弦のタイプを「エレアコ」、ナイロン弦のタイプを「エレガット」と呼んでく別します。

    ただし、エレアコの音は生ギターの音とはカナリの差があるんです。
    エレアコの音はいかにもメチャクチャエレアコな音がします。
    ボリュームを得る代わりに音色を失わなくてはいけないのですね。

    そこでギタリストは努力をします。
    テーマは「いかに生音に近づけるか」or「いかにエレアコとしていい音を出すか」

    僕のギターはアコースティックギターですが、
    改造を施してエレアコとしても機能するようにしてあります。
    ギターの「穴」のところについている、白いっぽいバーで弦の振動を電気化してライブで使います。実はボディーの裏側にもバーとは違う方式で音を電気化する装置をつけていて、
    二つの装置の音を会場や、曲によってミックスするバランスを変えて使っています。

    なので、ライブで聞ける僕のギターの音は毎回違います。
    その違いを聞き分けられるようになったら、「iTB認定聞き耳スト」の賞状を差し上げますw

    いずれエレキについても紹介したいなぁ。
    あ〜ライブいっぱいしたいなぁ。
    細かく説明しだしたら、本が書けてしまうのでこの辺にしておきますw

    こんな趣味の話を長々と読んでいただき、ありがとうございました。
    只々ギターの音色には拘っているという事を伝えたかっただけのiTBでした♪

    書きながら聴いていた本日のBGM:Deep Forest - 「Freedom Cry

    関連する記事
    コメント
    こんばんは~
    なんか私には難しくわからない話です
    (;_;)
    でもいろんな楽器があるんだね~
    今度詳しく教えて下さい♪ 細かくですよ~(笑)
    • みぽ
    • 2012/04/22 9:44 PM
    確かにパッと読むと分かりづらいかも知れませんが、何度も読むとなるほど〜面白いなぁと思います。「いかにいい音を出すか」ギタリストの努力と拘り、すごいです。もっと知って、ちゃんと聴ける人になりたいです。
    • grace
    • 2012/04/22 11:00 PM
    >みぽさん graceさん
    趣味のお話しなので(笑)
    ホントにギターに関わらず、楽器が大好きなんですよ。
    連載していいですか?(笑)
    • iTB
    • 2012/04/25 12:47 AM
    ほんと楽器大好きなんですね♪
    是非、連載してもオッケーです(^^)v
    • みぽ
    • 2012/04/25 1:17 PM
    はい(^-^)連載、楽しみにしてます。
    • grace
    • 2012/04/25 7:21 PM
    では、またディープな連載させていただきますw
    今、小旅行に出ているので次回連載はまた後日。
    お楽しみに!
    • iTB
    • 2012/04/26 12:39 AM
    そうでしたか!良い旅を。気をつけて帰ってきて下さいね。
    • grace
    • 2012/04/26 10:26 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    手紙。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    studio小鳥blogをご覧になるにあたって

    当ブログはスタジオ小鳥が管理しています。 当ブログの内容を営利、非営利を問わず無断で使用(複製、翻訳、翻案、改変、送信可能化、公衆送信、放送、上映、頒布、ライセンス、販売、出版などを含む)することを禁止します。 他のページは 予告なしにURLを変更する場合があります。 画像への直接リンクは、サーバの負担となりますので禁止します。

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM