展覧会に向けての想い

0

    "Veus a Iʼextrem 終わりなき声"は、
    本日も、たくさんの方々にご来場いただき、
    みなさまのご協力のおかげで順調に会期が過ぎております。

    今回の展覧会は、私がバルセロナで美術活動をしていたころの友人Jaime Molordoとの
    たわいもない、小さなやり取りの中で文化交流展をやりたいね。。
    と話し始めたのがきっかけでした。

    そこから、大町商店街振興組合様が積極的に開催の後押しをしていただき、
    主催していただけたおかげで、現実のものとなったわけですが、

    約半年間準備を進める中で、この国際展を開催するにあたり、一つの想いが生まれました。
    私がここ大館市で生活し始めて、3年目になりましたが、
    美術館もギャラリーもライブハウスも、また映画館もないこの街での生活に
    芸術に飢えるということを私自身、日々痛感します。

    その時に思う事のひとつに、
    この街で生まれ育つ子供達はいつ芸術に触れるんだろう…と

    "Veus a Iʼextrem 終わりなき声"は大きな展覧会ではありませんが、
    これを観に来ることで、少しでも芸術にふれるという経験をする子供達がいたらいいなと。

    「好き」だと思っても「嫌い」だと思ってもいいし、
    楽しくてもつまらないでもいいなと思う。

    本当は「美術が好き」というスイッチを持っているかもしれないのに、
    それにふれる機会がなかったばかりに、ずっとその楽しみを知らずに過ごすかもしれない。。
    と私は雪かきをしながら、もくもくと考えたりしてしまいますw

    市民の方々の冬の楽しみに、散歩がてらお越しいただきたいのはもちろんですが、
    集まった作品が、子供達の瞳の奥に映し出され、
    何かの化学変化が起きるかもしれない、
    その可能性を無限に秘めたすべての子供たちに遊びに来てもらいたいなと思っています。

    今回の展覧会には、難しいコンセプトは何もありません。
    20組のアーティスト達の表現を、楽しんでいただけましたら幸いです。

    これは大森鮎個人の想いです。
    最後までお読みいただきありがとうございました。

    コメント
    お疲れ様です。先日、拝見させて頂きました。私には専門的な事は分かりませんが、久しぶりに心に響く何かを感じました。この大館で、しかも無料で…衝撃的です。本当にすごい。
    • grace
    • 2013/01/21 1:18 AM
    graceさん
    お久しぶりです!足をお運びいただきまして、ありがとうございました^^
    楽しんでいただけたのなら、何よりです!
    何か心に響く作品に出会っていただけたのなら、
    私たちもとてもうれしいです。作品も、一期一会ですもんね。。
    26日も、もしお時間あれば、ぜひ遊びにいらしてくださいね◎
    本当にありがとうございました!
    • ayuomori
    • 2013/01/23 10:20 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    手紙。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    studio小鳥blogをご覧になるにあたって

    当ブログはスタジオ小鳥が管理しています。 当ブログの内容を営利、非営利を問わず無断で使用(複製、翻訳、翻案、改変、送信可能化、公衆送信、放送、上映、頒布、ライセンス、販売、出版などを含む)することを禁止します。 他のページは 予告なしにURLを変更する場合があります。 画像への直接リンクは、サーバの負担となりますので禁止します。

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM